2019年度 Topics

HOME > トピックス

 臨時休校が続いているため、終業式と離任式を行う事ができませんでした。この度本校を離れる教職員と、校長室での辞令交付の様子をご紹介します。
  ●退職  池村 啓 教諭  佐良土 雄幸 教諭  西村 徹 教諭  桜谷 正道 教諭  萩生田 健 教諭
  ●転出  小林 賢明 教諭  横田 知泰 教諭  谷口 守 教諭  堀内 洋子 専門主任主事
 
 
 
 第52回卒業証書授与式が挙行されました。新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、日程を変更し、卒業生と本校職員のみでの式となりましたが、卒業生307名が慣れ親しんだ学舎と制服に別れを告げ、新たな世界へと一歩を踏み出しました。皆さんの更なる活躍を願っています。ご卒業、おめでとうございます!
 
 
 啓成学術祭が行われました。全体での海外研修の報告に続き、2つの体育館と格技場をフルに使ってそれぞれテーマに基づいて探究してきた成果やSSH道外研修の報告などを行いました。ポスター発表だけでなく、紙芝居や映像などの工夫を凝らした発表がたくさんあり、保護者、FVファシリテーター、留学生、SSH運営指導委員、FVアドバイザー、他校教職員の方々など、130名超に参観していただきました。この活動にご協力くださった全ての方々、そしてご来場いただいた多くの皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
 
 SSH科学講演会が行われました。今年度は北海道大学総合博物館から小林快次先生をお招きし、「恐竜研究が語ること」というテーマで講演をいただきました。ご自身の学生時代からの経歴や研究者としての実体験を写真や映像とともにお話しいただいたほか、後半では進学や生きることについても熱く語っていただきました。質疑応答では多くの生徒から質問が出され、大変有意義な講演となりました。
 
 
 生徒会クリスマスイベントが開催されました。コンサートでは書道部のパフォーマンスから始まり、有志生徒による歌やダンス、合唱部、吹奏楽局による演奏に大きな歓声が送られました。その後イルミネーション点灯式、ココアとポタージュの配付が行われ、冬の心温まるひとときとなりました。
 
 
 令和元年度 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の一環で、マレーシア・オールセインツ中・高等学校の高校生5名と引率教諭1名、マレーシア・サバ大学の大学生5名が本校生徒と交流していきました。芸術科の授業では一緒に「ふるさと」を歌い、マレーシアの民謡に合わせて踊ったりしました。書道では「心」と「夢」の2文字に挑戦、コミュニケーション英語では、日本の文化について本校生徒が事前に用意した資料を用いて説明を行いました。浴衣の着付けも体験しました。森林プロジェクトでは、北海道博物館や酪農学園大学での研修を実施しました。放課後も交流を行い、本校生徒にとっても大きな刺激となる時間となりました。
 
 
 薬物乱用防止教室が行われました。講師に北海道薬剤師協会の田中稔泰氏をお迎えし、前半は薬の服用について、後半は薬物乱用に関して、時折生徒へのインタビューも交えながらわかりやすく講話をしていただきました。
 
 生徒会役員選挙立会演説会が行われました。今年度は全役員が信任投票となりました。各役職ごとに責任者と候補者の演説が行われ、全校生徒に向けて熱いメッセージを送りました。その後各HR教室で投票が行われ、立候補者全員が当選しました。
  
 前期活動報告会と前期終業式が行われました。活動報告会では全道大会や全国大会に出場した部局の代表生徒、読書感想文コンクールで最優秀賞に輝いた生徒が壇上で表彰され、大きな拍手が送られました。前期終業式では校歌斉唱に続いて、学校長が変化の速度が一段と速まっている社会を生き抜くための力について、パワーポイントを用いて講話を行いました。
  
  
 女子硬式テニスでインターハイ全国優勝を成し遂げた照井妃奈さん(3年)の祝勝会が行われました。ステージには生徒会執行部の手作りの横断幕が掲げられ、全校生徒の温かい拍手の中入場した照井さんは、壇上で賞状やカップ、優勝旗の授与を受けました。副校長からのお祝いの言葉、生徒会長による花束贈呈に続き、照井さんからも報告とお礼や女子硬式テニス部の後輩へのメッセージがありました。照井さん、本当におめでとうございます!
   
  
 生徒総会が行われました。今年度の生徒会活動テーマは「it's a piece of cake!」。生徒会執行部や各委員会の活動方針と計画、また生徒会行事について、議論がなされました。
 
 壮行会が行われました。ステージ上には書道部が書いた「闘魂」の2文字。吹奏楽局の演奏に乗って入場した各運動部がステージ上で力強く健闘を誓い、円陣などのパフォーマンスを見せたりしました。最後は全校生徒で校歌を歌い、これから始まる大会に向けて選手にエールを送りました。
 
 
 対面式、生徒会入会式が行われました。部局紹介では、各部局の先輩達が様々なパフォーマンスで会場を沸かせていました。
 
 
 
  平成31年度入学式が挙行され、普通科280名、理数科40名の新入生が、新たな高校生活をスタートさせました。
 
 2018年度 Topics
 平成31年度入学者選抜の合格発表が行われました。合格された受験生の皆さん、春にお目にかかるのを楽しみにしています!
 
 平成30年度 第51回卒業証書授与式が挙行されました。多くの方に参列いただき誠にありがとうございました。そして卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 平成30年度 啓成学術祭が行われました。多くの方々のご協力をいただき、誠にありがとうございました。生徒は少し恥ずかしがりながら、でも堂々と発表をしていました!
 平成30年度 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の一環で、マレーシア・オールセインツ中・高等学校の高校生5名と引率教諭1名、
 マレーシア・サバ大学の大学生5名が本校生徒と交流していきました。本校生徒も書道を教えたり、前日に着付けを学んで一緒に浴衣を着たり、フィールドワークを一緒に
 行いました。年明けには本校生数名と他校生とでマレーシアにお邪魔します。
 平成30年度 中学線1日体験入学が行われました。多くの中学生と保護者の方に参加していただきました。ありがとうございます。
 来春、一人でも多くの方とお目にかかれることを楽しみにしています。

 平成30年度 生徒会役員選挙が行われました。
 今年は数年ぶりに立会演説会が行われ、3人の生徒会長候補を含め、みなよりよい啓成高校にすべく熱弁をふるっていました。
  前期活動報告会と前期終業式が行われました。後期も皆さんの活躍を期待しています。
  9月26日に生活安全教室が実施されました。厚別警察署の方から、護身術を指導していただきました。
 9月12・13日に体育大会が行われました。晴天の中、生徒も大いに盛り上がりました。

  7月13〜14日に第53回啓成祭〜平成の終わり、啓成の始まり〜が行われました。たくさんの方にご来校いただきありがとうございました。
 今年度は30年ぶりに後夜祭も実施され、生徒も大いに盛り上がりました。

 4月9日(月)第53回入学式が行われました。新入生の皆さん、これからの高校生活を存分に楽しんでください。